鮮度の良さと美味しさの秘密はここにあります。

ホッキ貝の生育とホッキ漁

ホッキ貝は冷たい海水を好み、日本では関東以北から北海道周辺、海外ではロシア太平洋岸などに生息しています。深さ10mほどの海底の砂地で、通常、砂の中に身を潜め、長い水管を延ばして水を吸い、海水に含まれるプランクトンを食べます。苫小牧・樽前の前浜はホッキ貝の生育に相応しい環境で、最高品質のホッキ貝が獲れる漁場となっています。
早朝(3時〜4時)にホッキ漁の船は苫小牧港を出港します。漁場へは30分〜40分程で着き、水深5〜15mの場所にホッキ貝が生息しています。昔は手で桁(けた)を引いて行われたホッキ漁ですが、現在は機械で漁を行います。砂に潜っているホッキ貝を船上からの高圧水流で掘り返す「噴流式ケタ網」という漁法を採用しています。

貝を傷つけず網に入れることが可能で、小さな貝はすぐに海へ戻されます。(※苫小牧漁業組合では、水揚げする貝の大きさを横幅9cm以上のものに限定する事で、資源の保護を行っています) 漁師さんは厳しい寒さの中、手際のよい作業を行い、ホッキ貝の鮮度を保って帰港します。

何よりも、ホッキ貝は鮮度が命です。漁を終えて帰港するのは6時半頃。水揚げされたホッキ貝は8時頃、厳しいチェックをうけ、サイズ選別されてずらりと市場に並び、競りにかけられます。当社はホッキ貝を厳しい目で検品して買い付けし、樽前の工場に運びます。

活性化向上のために砂だしと滅菌

樽前の工場に運ばれたホッキ貝は砂の中にいたので、出荷する前にまず水槽に入れて砂出しをしてきれいなホッキ貝とします。この水槽に使われている

水は、工場の前に広がる太平洋・200m沖合の海水を汲み上げて「海水滅菌浄化装置」で殺菌水にかえて使っています。この工程は当社独自のものです。

新鮮で安心な商品を!

元気を取り戻したホッキ貝を生育年数やサイズ、色で選別します。生のまま出荷するものは、発泡スチロールのケースに冷海水を入れて発送しますが、さらに鮮度を保つために海水氷を使用しています。流氷が作られる過程で出来るものと同じで、粘りけがあり凍ることなく−2℃の氷がホッキ貝の鮮度を保ち全国に発送されます。発送前には金属片などの異物の混入がないかどうかを「金属感知装置」で最終チェックを行います。これも当社として安全・安心のこだわりと商品であるホッキ貝への愛情・心遣いの現れでもあります。

剥き身にして加工などにまわすものは、従業員が熟練の技で手早く身を剥がし、あくまでも鮮度が落ちないように細心の注意を払いながら、短時間で加工しています。

クリーンルーム

当社では加工商品製造のために、クリーンルームを設けています。天然タウリンとアミノ酸が豊富でうま味が凝縮したボイルホッキ貝や冷凍ホッキ、「北寄醤油」、料理の美味しさを引き出す調味料「北寄貝万能醤」、魚醤の元祖「ホッキ魚醤」といった当社の人気商品はここで製造されます。食の安全、品質管理に細心の注意を払っています。

アミノ酸の宝庫、タウリンが100g中2100mg!!

肉は甘みがあって美味。生食・缶詰・乾製品などに利用されます。

主産地は鹿島灘以北・北海道・朝鮮・沿岸地方。オホーツク海などの海洋に面した浅海の砂底に生息しています。通常、成長は遅くて5年で殻長72mm、10年で83mm、20年で94mmに達します。

殻の色は黒・黒茶・茶で、殻皮をかぶっています。その色は幼貝では黄色、成貝では暗い焦黄色になります。成貝(5・6年以上)になると身は肉がよく締まって厚みが出、うまみが増し、独特なおいしさがあります。

ホッキ貝可食部遊離アミノ酸含有量

※ホッキ貝100g当たり11月における数値
アスパラギン酸14.1mg
グルタミン酸117.5mg
セリン28.2mg
グリシン1,037.8mg
ヒスチジン41.3mg
タウリン2,137.1mg
アルギニン234.3mg
トレオニン5.5mg
アラニン1,771.2mg
プロリン38.5mg
チロシン37.3mg
バリン19.7mg
メチオニン20.8mg
シスチン7.7mg
イソロイチン4.0mg
ロイシン8.2mg
フェニルアラシン4.6mg
リジン3.0mg

合計5,530.8mg

※北海道立総合研究機構食品加工センター調べ

ホッキ貝は2002年に苫小牧の貝に制定

現在、ホッキ漁は地域に根ざした産業として、生産者自らが漁業生産活動への理解や消費拡大に取り組んでいます。学校給食にも採用され、郷土の味として定着し大変喜ばれています。このことから、郷土の誇る特産物ホッキ貝は、2002年7月20日「海の日」をもって「苫小牧市の貝」に制定されました。

昔のお話:桐の箱にホッキ貝

今のようにサプリメントのない昔、干したホッキ貝は病気の方へのお見舞いの品として桐の箱に納められて重宝されたといいます。また、母乳の足りない乳飲み子に、乾燥したホッキ貝をしゃぶらせていたようです。現代でも山梨県ではこの風習が続いています。

ホッキ貝ってどんな貝?

ホッキ貝は二枚貝の一種で、学名では「マルスダレガイ目マルスダレガイ科ウバガイ属」一般的にはホッキ貝の名で広く知れ渡っています。名前の由来は、北海道などで採れる「北に寄った」貝であるため北寄貝と言われたという説もあります。貝の大きさは10cm以上になり。海底の砂の中に生息し、なんとホッキ貝は30年も生きると言われています。アイヌ語で「ツウツウレップ」「ニシホッケ」と呼ばれていたそうです。